有限会社 ヒューマンリンク

 

社長通信のリストへ戻る

2022年 03月号

コロナがあっても人は動くし、世も動く


 次から次とやってくるコロナ変異株のお陰で、なかなか落ち着いた日々が取り戻せない今日この頃ですが、意外とコロナがあっても人は動くし、世も動いています。流行り始めは世界中でロックダウン、外出禁止が相次ぎ、「この世はどうなるのか…」と途方にくれましたが、ワクチン、医療関係者の働きなどのお陰で鎮静化も経験し、「何とかなるか」と思うのは私だけでしょうか。  

 人との出会いが感染の原因だとすると、出会いがないのが良い関係という事になります。でもそれは同時に孤独感孤立感を深めることになり、より深い悩みにはまってしまうでしょう。人は人とつながらなければ生きてゆけないのです。人だけではありません。昔、飼っていた犬の話ですが、親と無理やり引き離した愛犬が、悲しさのために食がなくなり結局死んでしまったことがありました。コロナで引きこもりのケース数が見えにくくなって いますが、孤独者とそれに耐えきれない人も増えているのではと想像します。

 技術の革新はIT(インフォメーションテクノロジー:情報技術)の革新となり、もはやパソコン・スマホの活用を避けて暮らすことは困難になっています。小学校でもパソコンの活用は授業に組み込まれています。上手に利用すれば直接出会わなくても情報のやり取りができる時代ではあります。正しく利用の仕方を知らないと、「オレオレ詐欺」にみられるような新しい不幸を生み出すことにもなっています。不幸のタネは尽きません。

 仏教では人の世の苦しみを、生・老・病・死の四苦と愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦を合わせた八苦とまとめています。コロナで真に四苦八苦の苦しみを味わっているわけですが、徐々にですが乗り切る術を身につけるしかないでしょう。より良い明日を願って。




社長通信のリストへ戻る

TOP