有限会社 ヒューマンリンク

 

社長通信のリストへ戻る

2022年 01月号

良い習慣を身につけ、悪習慣を断つ


今までの人生で、鋭意努力中ではありますが、良い習慣を身につけ、悪習慣を断った経験がいくつかあります。

1)禁煙  もう10年近く前になりますが、行きつけの沖縄料理店のマスターと「タバコを止める」という賭けをしました。やめる事が出来た理由は

@ 人生で煙草を吸っていない時(子供のころ)もあったことを思い出す。

A 本当に吸いたいのか考える。(体内のニコチンに引っ張られているのだろうという事が分かる) 

B 葉巻を吸っていたのもあって、痰が絡み、のどの痛みが出てきた事です。 賭けはきっかけですが、きっちりやめる事が出来ました。

2)食器洗い  同じ沖縄料理店での話ですが、お客が残した大量の食器を見た時私が「洗うの大変やな」といったのですが、「そんなことない、10分〜20分あればできるよ。」と答えられました。なるほど!と思いました。チコちゃんじゃないけど、それくらいの時間ぼ〜っとしていることは良くあります。大して面白くなかってもテレビに見とれて2時間、3時間たつこともあります。「たった30分あればキレイになるのならやってみようかな。」という気持ちでお家で洗ってみました。できるんですね。

3)洗濯物を干す、たたむ  ある時、ネットの情報で「簡単なシャツのたたみ方」というのをやっていて、実際やってみると簡単に出来ました。面白くなって次々たたむことになりました。ついでに洗濯干しも挑戦しました。数年前まで大家族(7人)で暮らしていたので「誰かがするだろう」とほっていた家事ですが、ほぼ嫁と二人の暮らしで良い習慣が身についたと思います。

4)靴を揃える  前から靴がそろっていないのは嫌だったのですが、他人のことを注意するのではなく「自分のを揃える、他人のも揃える」という事から始めると気持ちが良くなってきました。

5)(財布・携帯・鍵)手帳・薬  昔から(物忘れのミチオ)と言われるくらい、忘れ物の常習犯でした。未だにありますが、「出かける前にチェックボードでチェックする」「カバンをできるだけ減らす」「紐のつけれるものは付ける」などの工夫を日夜しています。  まだまだできる事はあると思いますが、焦らず慌てず楽しみながら習慣化を続けます。



社長通信のリストへ戻る

TOP